新法に改正

借地権は不動産を購入する資金に余裕がない人を補助する意味でも存在しています。不動産所有者と借地権利人のどちらの意見も尊重させるべく新法になりました。平成4年に改正されましたが、平成4年より前に契約したものは旧借地権に基づく借地権、新借地法に基づく借地権が混在しています。この二つの法は大きく違うので、不動産を売買する際は必ず確認した方が良いでしょう。

立退料新借地法は定められている期間後は借地権が消滅する。不動産初秋者が借地権利者に立退料を払う必要がありません。旧法と違うところは地主の権利を保護する内容が取り決められているところです。土地を借りる人の権利を保護するのが借地権なので、計画をたてて利用すればメリットがあります。

旧法と新法の内容として違いは大きくありますが、借地権の期間延長が不可になり、50年以上の期間を設定することに決めたこともその一つです。更新料のトラブルも減ったりしました。旧法から新法に改正されてからの大きな違いはまとめると旧法では土地が返ってこない場合があったり、土地を空けてもらうために借地権者に立退料を払う必要があるなど、圧倒的に借りる側の人に有利な権利だったという事です。新法になり地主も保護されたので改正して救われた人は多いでしょう。しかし、注意点もあります。次の頁で紹介します。