借地権とは

借地権借地権という言葉はあまり馴染みない人が多いでしょう。借地権とは他人の土地を自分が利用する目的で土地代を払い借りることができる権利です。主にその土地に自分が所有している建物を建てる目的で借地権を買います。借地権者は借地権を持っている人を指して土地を借りる権利があります。借地権設定者は借地権を設定している人を指しています。借地権にも複数種類があり、賃借権、地上権など複数種類があります。賃借権は建物を建てるために土地を借りる権利です。建物を建てるために借りる場合ですと、賃借権は有償で地上代は無償の場合もあります。使用借権は無償です。土地に建物を建てる以外に借りる場合ですと使用借権は無償ですが、地上権が有償になる可能性があります。

借地権により土地を借りている人ではなく貸している人には少し不利な見解を持たれることが多いでしょう。土地を借りている人がそこに家を建て替えたりした場合ずっとその土地を借りている場合があり、地主に土地が帰ってこない可能性があります。所有者に立退料を払わなければ明け渡してもらえない場合もあるのです。

借地権は平成4年に借地権家法は改正され、新法となりました。それ以前の契約は旧借家法として区別されます。新法では定期借地権が制定されたのが大きな違いとなります。旧法では権利の重きに傾きが多くて地主が土地を返してもらえないなどの事例があり改正されたようです。当サイトでは借地権について説明します。