相続と注意点

新法に改正されて、新借地法に基づいた物件を契約する際に注意点がいくつかあります。住宅を目的として契約した場合は通常借地権になるため、契約期間内にお店等にできない可能性があります。賃借権は地主の許可なく売却することが不可能です。地上権は地主の許可なく借地権を売買することは可能です。

相続

普通借地権も定期借地権も住宅を購入する時に土分の補償金、権利金がかかります。定期借地権の場合は一戸建てて60%前後、マンションは80%前後が多いです。固定資産税はかかりませんが、土地代を月々払うことになるでしょう。普通借地権は定期借地権より購入価格が高めだが土地代はやや低めが多いでしょう。

借地権を自分ではなく自分の家族が持っている場合があります。家族が借地権をもっていて、亡くなられてしまった場合はその借地権は財産なので相続税がかかります。あくまで自分の家族が持っていた権利ですのでそれを相続してもメリットがない場合があります。。それが不可能だった場合は他人に売却するということもできます。旧法から新法になって地主よりも借主の権利が強かったバランスが調整され、どちらも保護された法律になり、整えられました。まずは不動産業者に連絡して借地権の相談をすることがいいでしょう。


新法に改正

借地権は不動産を購入する資金に余裕がない人を補助する意味でも存在しています。不動産所有者と借地権利人のどちらの意見も尊重させるべく新法になりました。平成4年に改正されましたが、平成4年より前に契約したものは旧借地権に基づく借地権、新借地法に基づく借地権が混在しています。この二つの法は大きく違うので、不動産を売買する際は必ず確認した方が良いでしょう。

立退料新借地法は定められている期間後は借地権が消滅する。不動産初秋者が借地権利者に立退料を払う必要がありません。旧法と違うところは地主の権利を保護する内容が取り決められているところです。土地を借りる人の権利を保護するのが借地権なので、計画をたてて利用すればメリットがあります。

旧法と新法の内容として違いは大きくありますが、借地権の期間延長が不可になり、50年以上の期間を設定することに決めたこともその一つです。更新料のトラブルも減ったりしました。旧法から新法に改正されてからの大きな違いはまとめると旧法では土地が返ってこない場合があったり、土地を空けてもらうために借地権者に立退料を払う必要があるなど、圧倒的に借りる側の人に有利な権利だったという事です。新法になり地主も保護されたので改正して救われた人は多いでしょう。しかし、注意点もあります。次の頁で紹介します。


借地権とは

借地権借地権という言葉はあまり馴染みない人が多いでしょう。借地権とは他人の土地を自分が利用する目的で土地代を払い借りることができる権利です。主にその土地に自分が所有している建物を建てる目的で借地権を買います。借地権者は借地権を持っている人を指して土地を借りる権利があります。借地権設定者は借地権を設定している人を指しています。借地権にも複数種類があり、賃借権、地上権など複数種類があります。賃借権は建物を建てるために土地を借りる権利です。建物を建てるために借りる場合ですと、賃借権は有償で地上代は無償の場合もあります。使用借権は無償です。土地に建物を建てる以外に借りる場合ですと使用借権は無償ですが、地上権が有償になる可能性があります。

借地権により土地を借りている人ではなく貸している人には少し不利な見解を持たれることが多いでしょう。土地を借りている人がそこに家を建て替えたりした場合ずっとその土地を借りている場合があり、地主に土地が帰ってこない可能性があります。所有者に立退料を払わなければ明け渡してもらえない場合もあるのです。

借地権は平成4年に借地権家法は改正され、新法となりました。それ以前の契約は旧借家法として区別されます。新法では定期借地権が制定されたのが大きな違いとなります。旧法では権利の重きに傾きが多くて地主が土地を返してもらえないなどの事例があり改正されたようです。当サイトでは借地権について説明します。